知識を身につける必要性 専門知識を身につけることの大切さを説明します

医療の専門知識を持つ必要性

医療現場が最も活躍できる場所であるという認識をしている看護師が多い一方で、将来的には介護施設や企業で働いたり、保健師になったりしたいという考えを持っている人もいます。
まずは就職してどこで働いたら良いかと考えたときに一生働き続けたい職場や業界があるなら、そこを選ぶのに越したことはないでしょう。同じ職場や業界で働き続ければ、その現場で必要な専門知識が身について活躍できる場面が多くなるからです。しかし、少しでも迷いがあるのならまずは医療現場で働いて、医療に関する専門知識を現場で習得すると良いでしょう。
医療知識をつけても医療の現場でしか役に立たず、病院やクリニックでしか働けないのではないかと考える人もいます。確かに直接的にはキャリアとして他の業界に移るのに役に立つとは限りません。しかし、介護現場に行っても保健師として働いても、企業で健康相談室などに勤めたとしても、医療現場で身につけた専門知識は役に立ちます。
看護師資格を持っているという時点で、その職能として医療に関わる仕事に従事する可能性が高く、現場では他のスタッフから医療に詳しい人として認識されるという覚悟を持たなければなりません。
国家試験のために勉強してきた付け焼き刃の知識だけで対応していくのは困難なことが多く、2、3年であっても医療現場で働いて生きた知識を習得していることが現場で必ず生きてきます。そのような視点に立ってまずは医療業界に就職するのは賢明な判断なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です